ネキシウムと胃の状態を示すイラスト

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。当サイトへ「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」「ピロリ菌」以上のワード検索で来られた方、いいお薬を紹介します。「ネキシウム」ご存知ですか?

ネキシウムが効く胃潰瘍と胃MALTリンパ腫ピロリ菌

健康保険が適用される胃の疾患には、胃潰瘍と十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特異性血小板減少性紫斑病、慢性胃炎があります。
胃潰瘍とは、攻撃因子とされる胃の粘膜を消化するほどの強酸性の胃酸と防御因子とされる胃の粘膜を防御する粘液のバランスが乱れ、胃酸により胃粘膜が消化され傷つき発症します。又、胃潰瘍とは、現代のストレス社会の象徴とされる非常に身近な疾患とされており、日々の過剰なストレスや日々の生活習慣の乱れなどにより、自律神経に変調をきたし胃粘膜表面の血流悪化や過剰な胃酸分泌させると考えられています。しかし、近年では中高年の約70%~80%が感染しているされるピロリ菌により、胃粘膜が傷つけられ発症するとされています。胃潰瘍とは、胃粘膜の損傷による疾患ですが、胃粘膜のみの軽度の損傷は糜爛と呼ばれ、粘膜下層や固有筋層、しょう膜まで達した症状を胃潰瘍とされ、ネキシウムなどのプロントポンプ阻害薬やH2ブロッカー、抗コリン薬などが用いられています。
胃MALTリンパ腫は、胃の粘膜に生じ低悪性度で良性のままゆっくりと進行する腫瘍であり、悪性のリンパ腫への悪化や他の部位への腫瘍転移は極稀な疾患です。胃MALTリンパ腫は、約80%が胃潰瘍と同様にヘリコバクターピロリ菌が原因とされ、10%がAPI2MALT1と呼ばれる遺伝子の異常が発症起因とされています。
ネキシウムは、胃酸の分泌を強力に抑制し胃痛や胸焼けなどの症状を緩和し胃潰瘍の治癒を早める効果があり、胃病変の原因菌ピロリの除菌にも用いられています。ネキシウムは、一般的にアモキシシリン水和物と抗生物質クラリスロマイシンと合わせ3剤併用されています。