ネキシウムと胃の状態を示すイラスト

当サイトを閲覧いただきありがとうございます。当サイトへ「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」「ピロリ菌」以上のワード検索で来られた方、いいお薬を紹介します。「ネキシウム」ご存知ですか?

ネキシウムやニンジンで回復、子どもでも逆流性食道炎

げっぷをすると酸っぱいものがこみ上げてくることが多い人は、逆流性食道炎を起こしてしまっている危険があります。普段は食べ物を消化する際に使われている胃酸の分泌量が多かったり、食道と胃の境目がゆるみやすい状態になっていると胃酸が逆流してしまい、食道の粘膜などを溶かしてしまうことがあります。

逆流性食道炎はネキシウムなどによって、状態を回復に向かわせることができますから、病院へ早期に行って診てもらいましょう。胸焼けが続く状態だと食欲も減ってしまいますし、食道に穴があいてしまったら大変です。

小さな子どもも逆流性食道炎になってしまうことがありますが、成長とともに自然とおさまっていく傾向があります。大人に処方されたネキシウムを勝手に飲ませてしまったりせず、心配であればきちんと診察を受けさせましょう。肥満が原因で逆流性食道炎になる子どもも多いので、標準体重をオーバーして来たら食事の内容に気を付けたり、運動を取り入れると良いです。

ネキシウムを飲むことに抵抗感があるときには、漢方によっても状態を緩和できる場合があるため、漢方を処方できる病院で相談すると良いです。日ごろから胃の調子を整えるために飲むのもよく、ニンジンなどは、胃を温めて状態を良くしてくれます。漢方なら子どもに与えても大丈夫だと思いがちですが、野菜のニンジンとは違い、強い作用が出て興奮状態が続き眠れなくなったりすることもあるので、それぞれに合ったものを服用することが大切です。

野菜のニンジンも胃の調子が悪いときには負担をかけずに消化できる食べ物なので、やわらかく煮たりして食べるようにすると良く、おかゆなどに入れて食べるようにすれば見た目の彩りも良くなります。